切らないキズ跡・ケロイド・手術跡・火傷跡・肉割れ・妊娠線レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

東京,江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニック
東京,江戸川区小岩ヒフ科,精美スキンケアクリニックへの無料相談江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

レーザー108台複合治療と治療実績例

妊娠線や帝王切開の跡、キズ跡・手術跡に効果的な
トータル「スカーレーザー法」新登場

昔は妊娠線や肉割れ、外傷や火傷の跡、盲腸や帝王切開などの切開手術跡、フェイスリフトや豊胸、ワキガ、脂肪吸引などの手術跡などは、レーザーによって美しくできるとは考えられていませんでした。
しかし、現在、医療レーザーや光線療法の中には、こうしたはん痕の改善にも適応するものがあります。なかには、医療レーザーや光線療法(スカーレーザー法)でしか改善できないものまであります。
妊娠線は、出産経験がある多くの女性にとって、「できれば無くしたい」、あるいは「きれいにしたい」ものでしょう。妊娠線とは皮膚の線維構造が損傷し、まるで裂けたような模様が入ってしまったものですが、太った方の腹部や下半身にできた肉割れ(ストレッチマーク)も同じような症状と言えます。
妊娠線や肉割れによっていったん皮膚に痕がついてしまうと、、痩せても痕は消えないことがほとんどです。この痕が、大きな心理的負担になってしまうのです。
事故やケガ、火傷によるキズ跡やその治療のための手術跡、あるいはケロイドが「無くなれば」、「きれいになれば」と思っている方もいらっしゃるでしょう。盲腸や帝王切開、あるいは骨折や内臓疾患の治療などのための切開手術跡をきれいにしたいと希望する方も少なくありません。こうしたはん痕は、美観的な問題と「痛い・怖い」などの記憶と結びつく心理的な問題から、目立たないようにしたいと希望される方もいらっしゃいます。
さらに最近では、他院で「美しくなるために」受けたはずのフェイスリフトや豊胸、ワキガ、脂肪吸引などの手術なのに、その手術跡が新たな悩みの種となっている方も増えてきています。現在では美容外科情報が一般的なものとなってきたために、手術跡によって治療内容が他人に分かってしまうこともあります。
こうした手術跡は、手術をしたことを他人に知られたくないときは、アザなどの皮膚疾患と同じか、場合によってはそれ以上に心理的な負担となってしまうこともあります。
専用医療レーザーや光線療法(スカーレーザー法)では、こうした妊娠線や肉割れ、事故やケガ、火傷のキズ跡・ケロイドや手術跡、盲腸や帝王切開などの切開手術跡、あるいは美容外科手術の切開跡などをかなりきれいに改善することができます。皮膚の断裂を減少させ、キズ跡は赤みを取り、ケロイドは盛り上がった肉芽(にくげ)をレーザーで縮小させる治療をおこないます。
しかも、現在の医療レーザーや光線による治療技術では、こうした皮膚に残ってしまったキズ跡やはん痕を、入院や切開なしに美しくすることができるのです。

妊娠線や肉割れといった白いはん痕とキズ跡や切開手術の跡のような赤みがさしたはん痕、あるいは凹凸があるはん痕など、はん痕の種類によって選択するレーザーや光線は異なります。また、同じ症状でも、体質や皮膚の質に合せて治療回数や照射時間なども変える必要があります。 そのため、こうした治療においては、治療を受ける際に、まず自分の症状に最適な治療機器がそろっているか、症例の治療実績があるかといった病院・医師選びが重要となってきます。
医療では、治療機器の有無が治療法の選択を左右するのです。また、治療機器であればあるほど、臨床経験によって医師の治療技術に差が出てきます。こうした新しい治療分野では、治療施設と治療する医師の情報を事前にきちんと確認することが重要となってくること心に留めておいてください。

妊娠線・肉割れ・キズ跡・ケロイド専門のレーザー治療法

妊娠線・肉割れ

妊娠線・肉割れは、皮フの過伸展に伴う皮フの被薄化、皮下結合組織の断裂による組織の欠損と胴部の瘢痕化等、複数の要因によって生じるため、従来は治療が困難とされていました。しかし、組み合わせレーザー照射ならきれいに除去することができます。皮フのコラーゲン再生を促進し、お肌をなめらかにしていくので保湿効果にもつながります。治療時間は短時間ですので、日常生活の制限はほとんどなく治療できます。
キズ跡の治療法

レーザーによる組み合わせ治療の2つのポイント

ポイントの1つ目は、単一によるレーザー照射では到底補えない、幅広い熱エネルギーをターゲットに限局することができることです。低出力のレーザーでは、目的とする患部へ集中的に照射することができずに、熱エネルギーが拡散してしまいますが、組み合わせ照射を行なうことにより、複合的な熱エネルギーをスピーディーかつ、効率的に照射することができます。照射エネルギーを患部に限局させることで、周囲の組織に負担をかけることもありません。

治療内容

※治療内容、治療等の主な副作用・リスクは写真下に記載しております。
ワキガの手術跡・黒ずみ

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■傷跡治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

妊娠線

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■妊娠線治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

ケロイド

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■ケロイド治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

赤い傷跡

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■傷跡治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

足の傷跡

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■傷跡治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

ホホの傷跡

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■傷跡治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

ホホの傷跡

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■傷跡治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

妊娠線・肉割れ

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■妊娠線治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

火傷跡

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■火傷跡治療について
損傷を受けた皮膚の細胞をレーザーで取り除き、正常な細胞を蘇らせることにより、傷跡・妊娠線・肉割れ・ケロイド・手術跡・火傷跡を目立たなくする治療法です。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になります。レーザー治療をした後は紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬や絆創膏を貼り付けるなどの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●かさぶたについて
レーザー照射後は、破壊された色素がかさぶた状態になり、その後は皮膚が本来持っている「傷を回復させ、新しい表皮をつくって肌表面に押し上げる働き」によって、皮膚のターンオーバーが活性化されます。そのため、一時的に色が濃く見えるなど、患部に違和感を感じることがあります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる